キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

平成21年1月4日のニューギニア付近(インドネシア)の地震で発表した津波注意報について

地震の概要

平成21年1月4日04時43分にニューギニア付近(インドネシア)でMw7.6(MwはGlobal CMT解のモーメントマグニチュード)の地震が発生した。また、同日07時33分(日本時間)にほぼ同じ場所でMw7.4(MwはGlobal CMT解のモーメントマグニチュード)の地震が発生した。地震のメカニズムは北東-南西方向に圧力軸を持つ逆断層型で、太平洋プレートとインド・オーストラリアプレートの境界で発生した地震と考えられる。
(地震の詳細は、平成21年1月地震・火山月報(防災編)を参照)

震源要素
震源時刻(日本時間) 震央地名 緯度 経度 深さ Ms Mw
2009年1月4日 4時43分 ニューギニア付近 南緯0度24.4分 東経132度53.1分 17km 7.5 7.6
震源要素は米国地質調査所(USGS)発表のQUICK EPICENTER DETERMINATIONS(QED)による。 Mw はGlobal CMT による。

ニューギニア付近(インドネシア)の震央分布図(1970年1月1日~2009年1月31日、深さ0~100km、M6.0以上)
今回の地震の震央分布図
1970年1月1日~2009年1月31日の期間に発生した、深さ0~100km、M6.0以上の地震の震央分布。震源はUSGSによる。

発表した津波注意報の概要

地震発生から津波注報発表、解除までの経緯は、以下のとおりである。

発表時刻 事象 概要
1月4日 4時43分 地震発生(Mw7.6)
5時13分 地震情報 津波については、日本への津波の有無は調査中を付加。
1月4日 6時11分 マラカルに津波到達 最大高さ4cm(西海岸/アラスカ津波警報センターによる)
1月4日 6時31分 ヤップに津波到達 最大高さ4cm(西海岸/アラスカ津波警報センターによる)
1月4日 07時27分 津波予報(若干の海面変動) 発表予報区:北海道太平洋沿岸東部、北海道太平洋沿岸中部、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県九十九里・外房、千葉県内房、伊豆諸島、小笠原諸島、相模湾・三浦半島、静岡県、愛知県外海、伊勢・三河湾、三重県南部、淡路島南部、和歌山県、徳島県、 愛媛県宇和海沿岸、高知県、大分県瀬戸内海沿岸、大分県豊後水道沿岸、宮崎県、鹿児島県東部、種子島・屋久島地方、奄美諸島・トカラ列島、鹿児島県西部、沖縄本島地方、大東島地方、宮古島・八重山地方
1月4日 07時33分 地震発生(Mw7.4)
1月4日 08時35分 石垣島に津波到達
1月4日 09時17分 父島に津波到達 第1波の高さ11cm
1月4日 09時55分 父島で最大波観測 高さ36cm
1月4日 10時08分 津波注意報発表 発表予報区:伊豆諸島、小笠原諸島、相模湾・三浦半島、静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県
津波注意報発表予報区(地図、png形式)
1月4日 10時31分 津波注意報を切り替え(津波注意報の追加) 津波注意報を追加で発表した予報区:宮崎県、鹿児島県東部、種子島・屋久島地方、奄美諸島・トカラ列島
津波注意報発表予報区(地図、png形式)
1月4日 15時45分 全ての津波注意報解除
1月4日 17時09分 串本で最大波観測 高さ43cm

津波の観測

各予報区における予想した津波の高さと、観測された津波の高さ
津波予報区 予報(津波の高さ) 予報区内で観測した津波の高さの最大
宮古島・八重山地方 若干の海面変動 12cm
沖縄本島地方 若干の海面変動 11cm
大東島地方 若干の海面変動 5cm
奄美諸島・トカラ列島 津波注意報(0.5m) 24cm
種子島・屋久島地方 津波注意報(0.5m) 33cm
鹿児島県東部 津波注意報(0.5m) 26cm
鹿児島県西部 若干の海面変動 36cm
宮崎県 津波注意報(0.5m) 21cm
高知県 津波注意報(0.5m) 24cm
徳島県 津波注意報(0.5m) 32cm
和歌山県 津波注意報(0.5m) 43cm
大阪府 予報なし 4cm
兵庫県瀬戸内海沿岸 予報なし 4cm
三重県南部 津波注意報(0.5m) 32cm
愛知県外海 津波注意報(0.5m) 26cm
静岡県 津波注意報(0.5m) 22cm
伊豆諸島 津波注意報(0.5m) 23cm
小笠原諸島 津波注意報(0.5m) 36cm
東京湾内湾 予報なし 9cm
相模湾・三浦半島 津波注意報(0.5m) 25cm
千葉県内房 若干の海面変動 28cm
千葉県九十九里・外房 若干の海面変動 5cm
黄は「津波注意報」のグレードであることを示す。

詳細は、下記資料をご覧下さい。

津波波形
検潮所で観測した津波

津波予測の評価

今回の地震による津波では、過去にこの付近で発生した津波の資料がなく、量的津波予報データベースの想定断層モデルが置かれていなかった。このため、今回の震央より東側で約400kmの地震による津波シミュレーション結果および過去の津波記録を用いて、日本沿岸での津波の影響を評価した結果、日本の沿岸での津波の高さは、津波注意報基準の20cmには達しないと判断し、07時27分に若干の海面変動が予想される旨を発表した。その後09時55分に父島で36cmの津波が観測されたため、10時08分に津波注意報を発表した。
父島での津波の高さが予想より高くなった原因を調べるため、波源を今回の地震の震央付近においたものと震央の約400kmにおいた2つに津波シミュレーションを行った(下図)。この結果、今回の津波は、九州パラオ海嶺付近に集中した津波により、父島付近の津波が高くなったことがわかった。
この結果を踏まえ、量的津波予報データベースの想定地震に、この付近の地震を緊急的に追加している。

津波シミュレーションによる津波の最大波の高さ分布
津波シミュレーションによる津波の最大波の高さ分布の違い。左側が今回の地震の位置、右側が今回の地震の位置から約400km東側

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ

本ページ内の図の作成にはGMT(Generic Mapping Tool[Wessel,P., and W.H.F.Smith, New, improved version of Generic Mapping Tools released, EOS Trans. Amer. Geophys. U., vol.79 (47), pp.579, 1998]) を使用しています。