キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

津波警報改善に関する勉強会・検討会

 気象庁では、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による被害の甚大さに鑑み、有識者、防災関係機関による「東北地方太平洋沖地震による津波被害を踏まえた津波警報改善に向けた勉強会」を3回開催し、議論いただいた内容等を踏まえて、津波警報改善の方向性について最終とりまとめを作成し、一般に公開しました。
 この最終とりまとめで示した津波警報の改善を具体化するため、情報の伝え方、発表のあり方、防災対応とのリンクについて、別途検討が必要との考えから、報道機関や防災情報の専門家等、防災関係者からご意見を頂く「津波警報の発表基準等と情報文のあり方に関する検討会」を3回開催し、検討の結果を提言として公表しました。

東北地方太平洋沖地震による津波被害を踏まえた津波警報改善に向けた勉強会

議事要旨、会議資料

最終とりまとめ

津波警報の発表基準等と情報文のあり方に関する検討会

議事要旨、会議資料

提言

報告書



  【修正履歴】
  平成24年3月16日 資料4(100ページ差し替え)
  平成24年4月27日 本文、全ページ結合版(13ページ図5-2差し替え)


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。