キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



南海トラフ地震の予測可能性について

 現在の科学的知見では、南海トラフで発生する大規模地震の繰り返し間隔にはばらつきがあり、震源域の広がり方には多様性があることが知られています。また、地震の発生時期や場所・規模を確度高く予測することは困難であると考えられています。

 一方で、南海トラフ沿いの大規模地震については、プレート境界面上のゆっくりすべりの発生など、プレート間の固着状態の変化を示唆する現象を検知することができれば、地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まっているとの評価が可能と考えられています。

 気象庁では、国土地理院、海上保安庁、国立研究開発法人防災科学技術研究所、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立大学法人東京大学、国立大学法人名古屋大学、及び静岡県などの関係機関の協力を得て、南海トラフ全域の地震活動や東海地域とその周辺の地殻変動の観測データを24時間体制で監視しています。

 南海トラフ沿いで地震活動や地殻変動に異常な変化が観測された場合や、観測された現象を調査した結果、南海トラフ沿いの大規模地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まったと評価された場合には、南海トラフ地震に関連する情報(臨時)を発表します。


南海トラフ沿いの大規模地震の予測可能性に関する調査部会(内閣府防災ホームページへ)

このページのトップへ