キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



長周期地震動とは?

長周期地震動って何?

地震が起きると様々な周期を持つ揺れ(地震動)が発生します。 ここでいう「周期」とは、揺れが1往復するのにかかる時間のことです。

南海トラフ地震のような規模の大きい地震が発生すると、周期の長い ゆっくりとした大きな揺れ(地震動)が生じます。このような地震動のことを

長周期地震動といいます。

建物には固有の揺れやすい周期(固有周期)があります。
地震波の周期と建物の固有周期が一致すると共振して、建物が大きく揺れます。

高層ビルの固有周期は低い建物の周期に比べると長いため、長周期の波と「共振」しやすく、 共振すると高層ビルは長時間にわたり大きく揺れます。 また、高層階の方がより大きく揺れる傾向があります。

長周期地震動による高層ビルの揺れ

長周期地震動により高層ビルが大きく長く揺れることで、室内の家具や什器が転倒・移動したり、
エレベーターが故障することがあります。

短い周期の地震動と長周期地震動による揺れとの違い



短い周期の地震動と長周期地震動による揺れとの違い

    高層ビルは、短い周期の揺れは、「柳に風」のように、揺れを逃がすよう柔らかくできていますが、
    長い周期の揺れがあると共振してしまい、大きく・長く揺れることがあります。

ビルの高さによる揺れの違い

建物の揺れやすい周期(固有周期)は、高さによって異なり、一般的に高いビルほど長い固有周期をもちます。
同じ地面の揺れでも、建物の高さによって揺れ方は異なります。また、地面の揺れの周期と建物の固有周期が一致すると、その建物は大きく揺れます。



高層ビルの低層階と高層階の揺れの違い

長周期地震動により高層ビルが大きく揺れると、低層階よりも高層階のほうが揺れが大きくなります。
東日本大震災では、首都圏などの高層建物が長周期地震動により大きく長く揺れました。


関連リンク



関連資料

このページのトップへ