キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

長周期地震動階級および長周期地震動階級関連解説表について

長周期地震動階級

 長周期地震動階級とは、固有周期が1~2秒から7~8秒程度の揺れが生じる高層ビル内における、地震時の人の行動の困難さの程度や、家具や什器の移動・転倒などの被害の程度から4つの段階に区分した揺れの大きさの指標です。
 気象庁では、地上に設置している地震計の観測データから求めた絶対速度応答スペクトルSva(減衰定数5%)の周期1.6秒から周期7.8秒までの間における最大値の階級をその地点の「長周期地震動階級」としています。
長周期地震動に関する情報の発表に用いる長周期地震動階級の絶対速度応答スペクトルSva(減衰定数5%)の値は表のとおりです。


表 長周期地震動に関する情報の発表に用いる長周期地震動階級の絶対速度応答スペクトルSva(減衰定数5%)の値

※当面、周期1.6秒から7.8秒において、0.2秒刻みで計算する。

例えば、図では、絶対速度応答スペクトルSva(減衰定数5%)の最大値の階級が長周期地震動4となりますので、この地震観測点での長周期地震動階級は「長周期地震動階級4」となります。



図1 A地震計における絶対速度応答スペクトルSva(減衰定数5%)のグラフ

長周期地震動に関する情報で発表する長周期地震動階級は、原則として地表や低層建物の一階に設置した地震計の観測データから計算された絶対速度応答スペクトルSva(減衰定数5%)によって求めたものであり、その場所に高層ビルがあれば高層階でどのような揺れになるかを推計したものです。周辺の高層ビル等における建物内の被害状況把握の参考にできるものの、個々の高層ビル等の特性や地盤条件まで表現しているものではありません。また、高層ビルの中でも、階や場所によって揺れの大きさが異なります。特に、建物の頂部のゆれ方は、発表した長周期地震動階級よりも大きくなる場合もあります。

過去の長周期地震動における長周期地震動階級の事例[PDF形式:198KB]

長周期地震動階級関連解説表

周期1.5秒程度から周期8秒程度までの高層ビルを対象として、長周期地震動階級が推計された際に発生する可能性がある被害を記述したものです。

<長周期地震動階級関連解説表の使用にあたっての留意事項>

  1. この資料は、周期1.5秒程度から周期8秒程度までの高層ビルを対象として、長周期地震動階級が推計された際に発生する可能性がある被害を記述しており、これより大きな被害が発生したり、逆に小さな被害にとどまる場合もあります。また、それぞれの長周期地震動階級で示されている全ての現象が発生するわけではありません。
  2. 長周期地震動階級が同じであっても、対象となる建物や構造物の状態、継続時間などの地震動の性質により被害は異なります。
  3. この資料は、主に近年発生した被害地震の事例から作成したものです。今後、顕著な長周期地震動が解析された場合には内容を点検し、新たな事例が得られたり、建物・構造物の耐震性の向上等によって実状と合わなくなった場合には変更します。
  4. この資料では、被害などの量を概数で表せない場合に、一応の目安として、次の副詞・形容詞を用いています。




長周期地震動階級関連解説表 高層ビルにおける人の体感・行動、室内の状況等



Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ