キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

天気欄と記事欄の記号の説明

天気欄の記号の説明

天気記号表(目視による観測の場合)
項番 記号 天気
1 快晴の記号 快晴
2 晴の記号
3 薄曇の記号 薄曇
4 曇の記号
5 煙霧の記号 煙霧
6 砂じん嵐の記号 砂じん嵐
7 高い地ふぶきの記号 高い地ふぶき
8 霧の記号
9 霧雨の記号 霧雨
10 雨の記号
11 みぞれの記号 みぞれ
12 雪の記号
13 あられの記号 あられ
14 ひょうの記号 ひょう
15 雷の記号
注 該当する天気が複数存在する場合は、項番の大きい方を優先する。

天気記号表(視程計による観測の場合)
項番 記号 天気
1 晴の記号
2 曇の記号
3 煙霧の記号 煙霧
4 霧の記号
5 しゅう雨の記号 しゅう雨または止み間のある雨
6 降水現象の記号 降水
7 雨の記号
8 雪の記号
9 着氷性の雨の記号 着氷性の雨
10 霧雨の記号 霧雨
11 着氷性の霧雨の記号 着氷性の霧雨
12 みぞれの記号 みぞれ
13 凍雨の記号 凍雨
14 霧雪の記号 霧雪
15 しゅう雪の記号 しゅう雪または止み間のある雪
16 ひょうの記号 ひょう
17 もやの記号 もや
18 細氷の記号 細氷


記事欄の記号の説明

大気現象記号表
記号 大気現象 記号 大気現象 記号 大気現象 記号 大気現象
雨の記号 氷霧の記号 氷霧 積雪の記号 積雪 日光冠の記号 日光冠
着氷性の雨の記号 着氷性の雨 もやの記号 もや 結氷の記号 結氷 月光冠の記号 月光冠
霧雨の記号 霧雨 地ふぶきの記号 地ふぶき たつ巻の記号 たつ巻 彩雲の記号 彩雲
着氷性の霧雨の記号 着氷性の霧雨 低い地ふぶきの記号 低い地ふぶき 煙霧の記号 煙霧 にじの記号 にじ
雪の記号 高い地ふぶきの記号 高い地ふぶき ちり煙霧の記号 ちり煙霧 雷電の記号 雷電
みぞれの記号 みぞれ ふぶきの記号 ふぶき 黄砂の記号 黄砂 電光の記号 電光
雪あられの記号 雪あられ 露の記号 煙の記号 雷鳴の記号 雷鳴
霧雪の記号 霧雪 凍露の記号 凍露 降灰の記号 降灰 しぶきの記号 しぶき
凍雨の記号 凍雨 霜の記号 風じんの記号 風じん 寒冷前線の記号 寒冷前線
氷あられの記号 氷あられ 霜柱の記号 霜柱 低い風じんの記号 低い風じん 温暖前線の記号 温暖前線
ひょうの記号 ひょう 霧氷の記号 霧氷 高い風じんの記号 高い風じん 降水現象の記号 降水現象
細氷の記号 細氷 樹霜の記号 樹霜 砂じん嵐の記号 砂じん嵐  
霧の記号 樹氷の記号 樹氷 じん旋風の記号 じん旋風
低い霧の記号 低い霧 粗氷の記号 粗氷 日のかさの記号 日のかさ
地霧の記号 地霧 雨氷の記号 雨氷 月のかさの記号 月のかさ
注  しゅう雨性降水の場合は、記号▽を用いて、しゅう雨の記号しゅう雪の記号等のように表す。
注  現象記号に、方角と距離を付加することがある。方角は8方位(N、NE、・・・、NW)と天頂(Z)、距離はkmで表現している。


記事欄で使用している現象の強度
記号現象強度を判別する
ための手がかり
強度0強度1強度2
雨の記号
しゅう雨の記号
着氷性の雨の記号


しゅう雨
着氷性の雨
(過冷却の雨)
降水量瞬間の強度が
0.0mm/h以上~3.0mm/h未満
瞬間の強度が
3.0mm/h以上~15.0mm/h未満
瞬間の強度が
15.0mm/h以上
観測装置の記録によるが、故障のときは目測により観測する。
霧雨の記号
着氷性の霧雨の記号

霧雨
着氷性の霧雨
(過冷却の霧雨)
視程1km以上0.5km以上~1km未満0.5km未満
雪の記号
しゅう雪の記号

しゅう雪
降水量瞬間の強度が
0.0mm/h以上~1.0mm/h未満
瞬間の強度が
1.0mm/h以上~3.0mm/h未満
瞬間の強度が
3.0mm/h以上
視程
おおよそ1km以上おおよそ0.2km以上~1km未満おおよそ0.2km未満
降り方数分間屋外に出ていると、
着衣などに雪片がひととおり付く。
数分間屋外に出ていると、
着衣などに雪片が一面につき
地面がほとんど見えない。
数分間屋外に出ていると、
着衣などに雪片が積もる。
みぞれの記号
しゅう雨性のみぞれの記号
みぞれ
しゅう雨性のみぞれ
降水量瞬間の強度が
0.0mm/h以上~1.0mm/h未満
瞬間の強度が
1.0mm/h以上~3.0mm/h未満
瞬間の強度が
3.0mm/h以上
雪あられの記号
霧雪の記号
凍雨の記号
氷あられの記号
ひょうの記号
雪あられ
霧雪
凍雨
氷あられ
ひょう
弱い強い
降り方
わずかに降る相当に降る多量に降る
積もり方ほとんど積もらないいくらか積もる
(短時間に、一面に薄く積もる)
見る見るうちに積もる
ふぶきの記号
高い地ふぶきの記号
高い風じんの記号
砂じん嵐の記号
ふぶき
高い地ふぶき
高い風じん
砂じん嵐
視程通常1km以上0.5km以上~1km未満0.5km未満
電光の記号
電光 ようやく認められる程度強度0と2の中間周囲に明るさを感じる程度
楽に正視できる程度強度0と2の中間光輝が激しく、
全身に光をあびる感じ
雷鳴の記号
雷鳴 雷鳴があるのを知る程度。
通常、遠雷と認められる程度の強さ
強度0と2の中間雷鳴が激しく、人を驚かす
雷電の記号
雷電 雷鳴の強度が0で電光を伴う雷鳴の強度が1で電光を伴う雷鳴の強度が2で電光を伴う
(注)低い地ふぶき・低い風じん・じん旋風は、出現の模様が観測場所によって異なりますので、その地域に応じた階級を定めています。

観測装置の記録を用いて観測する場合で、大気現象の判別が困難な場合に使用する大気現象記号表
記号分類含まれる大気現象
雨 小分類の 雨 雨、着氷性の雨
霧雨 小分類の 霧雨 霧雨、着氷性の霧雨
ひょう 小分類の ひょう ひょう、氷あられ(共に気温が高いため雪あられの可能性がない場合)
雪 小分類の 雪 雪、霧雪
雪あられ 小分類の 雪あられ 雪あられ、ひょう、氷あられ(ひょうと氷あられは気温が低いため雪あられの可能性がある場合)
霧 小分類の 霧 霧、低い霧、氷霧
煙霧 小分類の 煙霧 煙霧、ちり煙霧、煙
雨 中分類の 雨 雨、着氷性の雨、霧雨、着氷性の霧雨、ひょう、氷あられ(ひょうと氷あられは気温が高いため雪あられの可能性がない場合)
雪 中分類の 雪 みぞれ、雪、霧雪、ふぶき、細氷
雪あられ 中分類の 雪あられ 雪あられ、凍雨、ひょう、氷あられ(ひょうと氷あられは気温が低いため雪あられの可能性がある場合)

記事欄の記入例
開始時刻 大気現象 - 大気現象強度時刻 - 終了時刻.
例1 1010雨−1030みぞれ−前1100雨−1130.
10時10分に雨が降り始める。10時30分にはみぞれに変化し、11時には雨に変わっていたことを発見。11時30分には雨が止む。
例2 0810雨雨209雨012−1440.
8時10分に雨が降り始める。9時の観測時には強度が2。12時の観測時には強度が0。14時40分には雨が止む。
例3 −|雨103雨006−0730.
前日より引き続き雨が継続。2時から3時にかけて強くなり、3時の観測時には強度が1。5時から6時にかけて変化はなく、6時の観測時には強度が0。7時30分には雨が止む。
現象記号の左に付されている「|」は、定められた観測時刻の前1時間内における現象の強度が、以前より強くなったことを表す。
例4 1510ふぶきふぶき0|18
15時10分にふぶきが発現。17時から18時にかけて弱くなり、18時の観測時には強度が0。その後も継続。
現象記号の右に付されている「|」は、定められた観測時刻の前1時間内における現象の強度が、以前より弱くなったことを表す。
例5 前0540)しゅう雨((E)−)しゅう雨(06−0620.
5時40分におよそ5km以上の東方視界内にしゅう雨が降っているのを発見。6時の観測時までに変化はなく、6時20分に終了。
現象記号を囲む「)(」は、観測場所にはないが、視界内(およそ5km以上)に現象があることを表す。
例6 前0810(霧)(E)−前0840.
8時10分におよそ5km未満の東方視界内に霧を発見。8時40分には終了していたことを発見。
現象記号を囲む「()」は、観測場所にはないが、視界内(およそ5km未満)に現象があることを表す。
例7 前0500地霧−0630VIS1霧
5時に地霧を発見、6時30分には視程1km未満の霧となり、継続している。
現象記号の左に付されている「VISx」は、現象により水平視程がxkm未満になったことを表す。
例8 1510雷鳴0(NW5未満)−1520雷電1(NW→W)−1530.
15時10分に雷鳴を聞く。強度は0、方向は北西、距離は5km未満。この雷現象は、活動中と判断される。15時20分には強度1の雷電があって北西から西に移動。15時30分に終わる。
例9 霜a.結氷ap.
午前に霜があった。また、午前及び午後に結氷があった。
例10 1340寒冷前線S15.7N.
寒冷前線が13時40分に通過したことが観測され、通過時を含んだ通過後1時間内の最大瞬間風速が15.7m/sで風向が南から北へ急変した。
例11 0130降水現象−前0230雨−0440.2150雨雨2230
1時30分観測装置の記録から降水現象の発現を観測。2時30分に雨であることを確認し、4時40分には止んだ。21時50分には雨が降り出し、目視観測終了時の22時30分なお継続中。
例12 0130雨雨0230−0440.
1時30分中分類の雨を観測装置の記録から観測。目視観測開始時2時30分に細分類の雨が継続中。4時40分には止む。
例13 【自動】 0120雨−0240霧−0550.
「【自動】」とは、視程計による観測成果であることを示す。
1時20分から雨を観測。2時40分には雨が止み、霧を観測、5時50分には消散した。ただし、視程計(現象判別付)による記事の表示では、同時に複数の大気現象を表示できないため、霧の発現時刻は1時20分~2時40分の間で不定である。
例14 【自動】 1510雨雨1530霧1750
【備考】視程計機器障害のため、15時30分から17時50分までの大気現象は不明とする。
「【備考】」とは機器障害や点検を行った場合などの特記事項を示す。
15時10分から雨を観測。15時30分から17時50分まで、視程計の障害により観測中止。17時50分から霧を観測。
例15 【目視】 前0830雨−0850.
「【目視】」とは、目視と視程計で観測を行っている地点において、目視観測による観測成果であることを示す。
8時30分には雨を確認。8時50分には止む。

このページのトップへ