キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

値欄の記号の説明

記号 説明
-- 該当現象、または該当現象による量等がない場合に表示します。
0 該当現象による量はあるが、1に足りない場合に表示します。
0.0 該当現象による量はあるが、0.1に足りない場合に表示します。ただし、降水量の場合は、0.5mmに足りない場合に0.0と表示します。
0+ 雲はあるが、雲量が1に満たない場合です。
10- 雲量が10でも、雲がない部分がある場合です。
) 統計を行う対象資料が許容範囲で欠けていますが、上位の統計を用いる際は一部の例外を除いて正常値(資料が欠けていない)と同等に扱います(準正常値)。 必要な資料数は、要素または現象、統計方法により若干異なりますが、全体数の80%を基準とします。
] 統計を行う対象資料が許容範囲を超えて欠けています(資料不足値)。 値そのものを信用することはできず、通常は上位の統計に用いませんが、極値、合計、度数等の統計ではその値以上(以下)であることが確実である、といった性質を利用して統計に利用できる場合があります。
× 欠測の場合、または欠測のために合計値や平均値等が求められない場合に表示します。
/// 欠測または観測を行っていない場合、欠測または観測を行っていないために合計値や平均値等が求められない場合に表示します。
空白 観測を行っていない場合、観測を行っていないために合計値や平均値等が求められない場合に空白になります。
通信障害等も空白になります。
# 値にかなり疑問があるため表示しておりません。
* 1つの極値に対して期間内に起日が2日以上ある場合、最も新しい起日に*を付加して表示します。

このページのトップへ