キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

強い冬型の気圧配置による大雪  平成30(2018)年2月3日~8日 (速報)


北陸地方の平野部を中心に日本海側で大雪。

概要

日本付近は、2月3日から8日にかけて強い冬型の気圧配置が続き、上空には非常に強い寒気が流れ込み続けた。 この影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に断続的に雪が降り、北陸地方を中心に、山地や山沿いに加え平野部でも大雪となった。特に、福井県福井市福井では、近年では昭和56年(1981年)の豪雪以来の記録的な大雪となった。 今回の大雪により、福井県や石川県で多数の車両の立ち往生が発生するなど、西日本から北日本にかけて道路の通行止め、鉄道の運休、航空機・船舶の欠航等の交通障害が発生した。また、除雪作業中の事故も多発した。(平成30年2月13日14時の内閣府とりまとめによる)

資料全文は、こちらです。

CSVデータ一覧

「災害をもたらした気象事例」に掲載している一部のデータを「CSV形式」で公開しています。

ページ 図・表名 CSVファイル
 7ページ  期間降雪量の多い方から20位 CSVファイル[1kB]
 7ページ  最深積雪が観測史上1位を更新した地点 CSVファイル[1kB]
 8ページ  期間最深積雪と年最深積雪の平年値との比が200%を超えた地点 CSVファイル[1kB]

関連資料へのリンク

各気象台作成資料へのリンク

問い合わせ先

気象庁観測部計画課情報管理室 担当:加茂・村井 電話:03-3212-8341(内線:4157・4150) FAX:03-3217-3615


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ