キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

台風第18号及び前線による大雨・暴風等  平成29(2017)年9 月13 日~9 月18 日 (速報)


南西諸島や西日本、北海道を中心に大雨や暴風となった。

災害状況

死者5名、負傷者59名
住家全壊3棟、半壊11棟、一部損壊531棟
床上浸水1,970棟、床下浸水4,653棟など
(消防白書より)

概要

9月9日にマリアナ諸島で発生した台風第18号は、日本の南を北西に進み、13日に非常に強い勢力で宮古島付近を北上した。台風は、15日には東シナ海で向きを東寄りに変え、17日11時半頃に鹿児島県南九州市付近に上陸した。その後、台風は暴風域を伴ったまま日本列島に沿って北上し、高知県や兵庫県、北海道に再上陸して、18日21時にサハリンで温帯低気圧となった。
台風や活発な前線の影響で、南西諸島や西日本、北海道を中心に大雨や暴風となった。また、台風の影響で、南西諸島や西日本を中心に猛烈なしけとなり、大潮の時期と重なったため西日本を中心に高潮となった。
これらの影響で、大分県をはじめ西日本を中心に河川の氾濫や浸水害、土砂災害等が発生した。また、各地で断水や電話の不通等ライフラインに被害が発生したほか、鉄道の運休や航空機・船舶の欠航等の交通障害が発生した(災害・被害に関する情報は、平成 29 年 9 月 19 日 8 時の内閣府とりまとめによる)。

資料全文は、こちらです。また、災害時自然現象報告書もあわせてご覧ください。

CSVデータ一覧

「災害をもたらした気象事例」に掲載している一部のデータを「CSV形式」で公開しています。

ページ 図・表名 CSVファイル
 21ページ  1時間降水量の多い方から20位 CSVファイル[2kB]
 23ページ  3時間降水量の多い方から20位 CSVファイル[2kB]
 25ページ  24時間降水量の多い方から20位 CSVファイル[2kB]
 27ページ  48時間降水量の多い方から20位 CSVファイル[2kB]
 28ページ  72時間降水量の多い方から20位 CSVファイル[2kB]
 29ページ  期間内の総降水量の多い方から20位 CSVファイル[1kB]
 30ページ  観測史上1位を更新した地点(最大1時間降水量) CSVファイル[1kB]
 31ページ  観測史上1位を更新した地点(最大3時間降水量) CSVファイル[3kB]
 32ページ  観測史上1位を更新した地点(最大24時間降水量) CSVファイル[1kB]
 33ページ  観測史上1位を更新した地点(最大48時間降水量) CSVファイル[1kB]
 34ページ  観測史上1位を更新した地点(最大72時間降水量) CSVファイル[1kB]
 37ページ  最大風速の大きい方から20位 CSVファイル[2kB]
 38ページ  最大瞬間風速の大きい方から20位 CSVファイル[2kB]
 39ページ  観測史上1位を更新した地点(最大風速) CSVファイル[1kB]
 40ページ  観測史上1位を更新した地点(最大瞬間風速) CSVファイル[2kB]
 46ページ  高潮観測表 CSVファイル[2kB]

関連資料へのリンク

各気象台作成資料へのリンク

問い合わせ先

気象庁観測部計画課情報管理室 電話 03-3212-8341(内線 4157, 4150)


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ