キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

平成24年4月3日から5日にかけての暴風と高波  平成24年(2012年)4月3日~4月5日 (速報)


西日本から北日本にかけての広い範囲で、記録的な暴風。

概要

 2日9時に華北で発生した低気圧は、3日に急速に発達しながら日本海を東北東に進んだ。低気圧の中心気圧は2日21時の1006hPa から3日21時の964hPa へと、24時間で42hPa降下し、また、この低気圧からのびる寒冷前線が西日本から北日本を通過した。その後、4日に低気圧は北日本を通過してオホーツク海に達した。
 このため、西日本から北日本の広い範囲で記録的な暴風となり、海上では大しけとなった。また、前線の通過に伴い局地的に非常に激しい雨が降った。
 4月3日から5日9時までにアメダスで観測した風速は、和歌山県和歌山市友ケ島(トモガシマ)で本期間最大の32.2メートルとなるなど、強いところで30メートルを超え、暴風の目安となる風速20 メートルを超えた観測地点数は927地点のうち78地点に達した。また、観測地点889地点中75 地点で観測史上1位を更新した(統計期間が10 年以上ある地点を対象)。瞬間風速では、新潟県佐渡市両津(リョウツ)で43.5 メートルなどを観測した。

資料全文は、こちらです。

関連資料へのリンク

各気象台作成資料へのリンク

その他の資料へのリンク

問い合わせ先

気象庁観測部計画課情報管理室 電話 03-3212-8341(内線 4154, 4157)


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ