春分期・秋分期の太陽自動回避による画像欠損及び観測休止

春分期・秋分期の真夜中前後に、太陽、地球、ひまわりがほぼ一直線上に位置する場合があります。この時、ひまわりから地球を見た先に太陽が入るため、可視赤外放射計(カメラ)を保護する目的で、可視赤外放射計が有する太陽自動回避機能により観測の一部をスキップします。そのため、該当箇所が欠損データ(欠損部は観測範囲外の値となります。)として配信されます。 太陽自動回避は、領域観測(日本域観測、機動観測)でも行われます。また、機動観測では太陽自動回避機能により、観測範囲全体の観測をスキップすることがあり、その場合には観測を休止します。

太陽自動回避よる観測画像への影響は、春分期・秋分期の太陽自動回避による画像欠損をご覧ください。