日本近海の海流(月概況)

平成31年3月20日発表 (次回発表予定  4月22日)
気象庁地球環境・海洋部

診断(2019年2月)

  • 黒潮は大蛇行していました。
  • 黒潮は、月を通して沖縄の北西180~190km付近を流れていました。都井岬では、上旬は離岸、中旬、下旬は接岸して流れていました。足摺岬、室戸岬、潮岬では、月を通して離岸して流れていました。
  • 東海沖の黒潮の最南位置は、上旬、中旬は北緯30.5度、東経137度付近、下旬は北緯30度、東経137.5度付近となっていました。伊豆諸島付近では、月を通して三宅島付近を流れていました。
  • 親潮の沿岸寄りの分枝の南限位置は、上旬、中旬は北緯38度、東経143度付近、下旬は北緯39度、東経143度付近でした。沖合の分枝の南限位置は、上旬、中旬は北緯40度、東経147.5度付近、下旬は北緯40度、東経147度付近でした。
  • 親潮の面積は、上旬は平年並、中旬は平年より小さく、下旬は平年よりかなり小さくなっていました。
  • 対馬暖流の勢力は、月を通して平年よりかなり強くなっていました。

日本近海の深さ100mの月平均水温分布図(2019年2月)
日本近海の深さ100mの月平均水温分布図(2019年2月)

この図の水温は速報値です。日本近海のデータの図は、診断の発表後も、後から入手した観測値によって更新されることがあります。

解説

沖縄周辺、日本の南から関東沖にかけての海流

2019年2月の沖縄周辺、日本の南から関東沖にかけての海流の実況は、表1のとおりでした。

表1:沖縄周辺、日本の南から関東沖にかけての海流の旬ごとの経過
海域・項目 上旬 中旬 下旬
沖縄本島から北西沖の黒潮までの距離(※1 190km付近 180km付近 190km付近
トカラ海峡の黒潮の通過緯度/向き(※1 北緯29.5度、東南東 北緯30.2度、南東 北緯29.8度、南東
都井岬での黒潮の離岸・接岸(※1 離岸 接岸 接岸
足摺岬での黒潮の離岸・接岸(※1 離岸 離岸 離岸
室戸岬での黒潮の離岸・接岸(※1 離岸 離岸 離岸
潮岬での黒潮の離岸・接岸(※1 離岸 離岸 離岸
東海沖の黒潮流路の最南位置(※2 北緯30.5度、東経137度 北緯30.5度、東経137度 北緯30度、東経137.5度
伊豆諸島付近の黒潮通過位置(※1 三宅島付近 三宅島付近 三宅島付近
房総半島での黒潮の離岸・接岸(※1 接岸 接岸 接岸
その他の顕著な現象 遠州灘から熊野灘にかけては、月を通して暖水域がみられた
東海沖では、月を通して北緯32度、東経137度付近に冷水渦がみられた
南大東島の北東では、上旬、中旬に北緯27.5度、東経133度付近、下旬に北緯27.5度、東経132.5度付近に冷水渦がみられた
先島諸島の南~南西では、上旬に北緯23.5度、東経125度付近、中旬に北緯23.5度、東経124.5度付近、下旬に北緯23.5度、東経124度付近に冷水渦がみられた
沖縄本島の東では、上旬、中旬に北緯27度、東経130.5度付近、下旬に北緯26.5度、東経130度付近に暖水渦がみられた
先島諸島の南西では、上旬、中旬に北緯23.5度、東経123度付近に暖水渦がみられた

(※)が付いている項目の見方については、「海流の診断の見方」のページもあわせてご参照ください。

 

日本の東と日本海の海流

2019年2月の日本の東と日本海の海流は、表2のとおりでした。

表2:日本の東と日本海の海流の旬ごとの経過
項目 上旬 中旬 下旬
親潮の沿岸寄りの分枝の南限位置(※3 北緯38度、東経143度付近(図中A) 北緯38度、東経143度付近(図中A) 北緯39度、東経143度付近
親潮の沖合の分枝の南限位置(※3 北緯40度、東経147.5度付近(図中B) 北緯40度、東経147.5度付近(図中B) 北緯40度、東経147度付近
その他の親潮系冷水の位置 特にみられない 特にみられない 北緯38度、東経142度付近
親潮の面積(※4 平年並 平年より小さい 平年よりかなり小さい
津軽暖流の東端の経度(※5 東経142度付近(平年より西)(図中C) 東経142.5度付近(平年より東) 東経142度付近(平年並)(図中C)
日本の東の黒潮系暖水の北限緯度(※6 北緯37度付近(平年並)(経度は東経144度付近) 北緯36.5度付近(平年並)(経度は東経142.5度付近)(図中D) 北緯37度付近(平年より北)(経度は東経142度付近)
その他の日本の東の海流 本州東方では、上旬に北緯37.5度、東経144度付近、中旬に北緯37.5度、東経144.5度付近、下旬に北緯38度、東経145度付近に暖水渦が、月を通して北緯40.5度、東経146度付近に暖水渦がみられた
常磐沖では、上旬に北緯37度、東経143度付近に冷水渦がみられた
日本海の海流 対馬暖流は、山陰沖西部を北東に流れ、隠岐の北の北緯36.5度、東経133.5度付近から南東に流れ、山陰東部沿岸を東に流れ、若狭湾沖を反時計回りに流れ、山陰沖東部の北緯37.5度、東経134度付近から北に流れ、日本海南部の北緯38度付近から東北東に流れ、能登沖の北緯38.5度、東経136.5度付近から東に流れ、佐渡沖の東経137.5度付近から北東に流れ、酒田沖の北緯39.5度、東経139度付近から北に流れ、秋田沖の北緯40.5度付近から北東に流れて津軽海峡に達していた
朝鮮半島東方では、時計回りの流れがみられた
対馬暖流の勢力(※7 平年よりかなり強い 平年よりかなり強い 平年よりかなり強い

(※)が付いている項目の見方については、「海流の診断の見方」のページもあわせてご参照ください。

 

関連情報

海洋の知識 (関連情報)

データ

関連する診断

このページのトップへ