キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

気候情報を活用した気候リスク管理技術に関する調査結果について~家電流通分野~(平成29年度)

本調査について

気象庁では、季節予報をはじめとする気候情報の有効な活用方法の検討を進めています。 この取り組みのひとつとして、2週間先までの予測情報である異常天候早期警戒情報などを、様々な産業分野において利活用する「気候リスク管理」技術を普及させるための取り組みを推進しています。
平成28年度の調査に引き続き、「気候リスク管理」の有効性を示すため、大手家電流通協会の協力を得て、委託調査を実施しました。 今回の調査では、販売の展開における気候の予測情報を利用する実証実験を行い、効果的な事例が得られました。 今回得られた調査結果は、家電流通分野をはじめ、様々な産業への応用が期待できます。

以下から調査報告書の全文が参照いただけます。気候リスク管理の取り組みにおいて、参考にしていただけましたら幸いです。


気候情報を活用した気候リスク管理技術に関する調査報告書~家電流通分野~(平成29年度)

概要版

報告書


本報告書の著作権は気象庁に帰属します。利用規約などは「気象庁ホームページについて」をご覧ください。
なお、グラフなどを引用・転載する際は、以下の例も参考に出典を明記ください。
(例)気象庁委託調査「気候情報を活用した気候リスク管理技術に関する調査報告書~家電流通分野~」(平成30年3月)より
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ