キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

オホーツク海の海氷分布(月概況)

平成30年6月8日発表(次回発表予定平成31年1月10日)
気象庁 地球環境・海洋部

診断(2018年5月)

オホーツク海の海氷域面積は、5月上旬はほぼ平年並、中旬以降は平年より小さく経過しました。

海氷分布図(オホーツク海全体) 海氷分布図(北海道周辺)
5月31日
4月30日の海氷分布図
4月30日
5月5日の海氷分布図
5月5日
5月10日の海氷分布図
5月10日
5月15日の海氷分布図
5月15日
5月20日の海氷分布図
5月20日
5月25日の海氷分布図
5月25日
5月31日の海氷分布図
5月31日

図1 オホーツク海の海氷分布の経過(2018年5月)
赤線は平年(1981年から2010年の平均)の海氷縁です。
下段の分布図の上にカーソルを置くと、上段に拡大図が表示されます。


オホーツク海の海氷域面積(2017年11月~2018年05月)
年別経過図の凡例

図2 オホーツク海の海氷域面積(2017年11月~2018年05月)

解説

オホーツク海全体の海氷の状況

オホーツク海では、北部を中心に気温が平年より高く経過し、海氷の融解が急速に進みました。このため、オホーツク海全域の海氷域面積は、上旬はほぼ平年並でしたが、中旬以降、平年より小さく経過しました。

関連情報

このページのトップへ