キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

海洋気象観測船の主要な観測システム

海洋気象観測船は海洋の表面から深層に至るまでの水温、塩分、溶存酸素量、 栄養塩、海潮流などの海洋観測を行うとともに、 海水中および大気中の二酸化炭素濃度のほか、海水中の重金属、油分などの汚染物質、 その他の化学物質等の観測を行っています。 これらの観測を行うために、下記のような観測機器を用いています。

観測項目観測機器
水温、塩分電気伝導度水温水深計
表層水温自記水温水深計
表面海水中および大気中の
二酸化炭素濃度
二酸化炭素観測装置
全炭酸・アルカリ度多筒採水器、全炭酸・アルカリ度分析装置
水素イオン濃度(pH)多筒採水器、水素イオン濃度測定装置
溶存酸素量溶存酸素計、多筒採水器、自動酸素滴定装置
栄養塩多筒採水器、自動化学分析装置
植物色素多筒採水器、植物色素測定装置
海面の油塊ニューストンネット
海面の油膜、浮遊物ブリッジ(操舵室)からの目視
油分油分採水瓶、分光蛍光光度計
重金属多筒採水器、原子吸光光度計
海潮流(海水の流向、流速)舶用流向流速計
海上気象(気温、気圧、風、波浪等)総合海上気象観測装置
高層気象(気温、気圧、風等)高層気象観測装置、GPSゾンデ

海洋観測船の観測システム

(三井造船株式会社 提供のパンフレット「啓風丸」掲載図を加工掲載)

このページのトップへ