キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

北極域と南極域の海氷の平年値・極値

平成29年10月20日更新

お知らせ

平成29年10月20日 極値の統計期間を「1979年01月から2017年09月まで」に更新しました。

平成29年01月31日 極値の統計期間を「1979年01月から2016年12月まで」に更新しました。

平年値(海氷分布図)

  • 半旬ごと(毎月5日、10日、15日、20日、25日および月末)の北極域・南極域の平年の海氷域と出現率分布です。
  • 統計期間は1981年から2010年までの30年間です。
  • 各半旬において統計期間で平均した海氷域面積と出現率分布を求め、出現率の高い領域から順に面積を足し合わせていき、その累積面積が平均の海氷域面積と等しくなったとき、算出された領域を平年の海氷域としています。

種類:( 平年のみ、 出現率分布)  月日:

北極域

北極域

南極域

南極域

統計期間:1981~2010年

平年値(海氷域面積)

  • 北極域、南極域及び全球(北極域と南極域の合計)の海氷域面積の1月1日から12月31日までの平年値(図)と1月5日から12月31日までの72半旬における平年値、最大値及び最小値(テキスト)です。平年値の統計期間は1981年から2010年までの30年間です。最大値・最小値は、1979年1月から2017年09月までの観測値から算出しています。
平年

極値(海氷域面積)

値(万平方キロメートル) 起年
全球 年最大海氷域面積 最大値 2887 1993年
平年値 2797 ----
最小値 2472 2016年
年最小海氷域面積 最大値 1961 1987年
平年値 1866 ----
最小値 1644 2017年
南極 年最大海氷域面積 最大値 2074 2014年
平年 1931 ----
最小値 1832 1986年
年最小海氷域面積 最大値 401 2008年
平年値 315 ----
最小値 224 2017年
北極 年最大海氷域面積 最大値 1667 1979年
平年値 1589 ----
最小値 1455 2017年
年最小海氷域面積 最大値 778 1980年
平年値 640 ----
最小値 336 2012年
  • 平年値は、1981年から2010年の平均値です。
  • 極値は、通年データのある1979年1月から2017年09月までの毎日の観測値から算出しています。

季節変化の特徴

北極域の海氷域面積は2月後半から3月前半に最大となり、9月前半に最小となります。 南極域では北極域とは概ね逆の位相になりますが、変動の幅は1600万平方キロメートルあり、北極域の900万平方キロメートルに対して2倍近い幅があります。 年平均の海氷域面積は両極でほぼ同じで約1200万平方キロメートルです。
これは南極域は南極大陸と周りの大洋で構成されるため、海氷が相対的に低緯度に存在し、 冬季には風によって薄い氷が広く低緯度にまで広がり、夏季には効率よく融解しますが、 北極海は大陸に囲まれているために冬季には海氷域があまり広がることができずに海氷が厚みを増し、夏季の融解も遅くなるためです。
全球の海氷域は変動幅の大きい南極域の変動と同じような位相で変動しますが、 南極域で海氷域の拡大が緩やかになる7~8月に北極域で融解が急激に進むために、7月初めと11月初めの2か所に極大が現れます。

関連情報

このページのトップへ