キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

観測通報点分布図

観測通報について

気象庁では国内・国外の観測船、一般船舶、定置・漂流ブイ等による海洋観測のデータを収集しています。ここではGTS(全球通信システム)により収集された海洋観測の位置を、月ごと、通報の種類ごとに示しています。

通報の種類

  • SHIP(海上気象実況通報式):船舶による気象、水温の通報
  • BUOY(ブイ観測通報式):ブイによる海面水温通報
  • BATHY・TESAC(表層水温観測・海洋観測通報式):観測船・中層フロートなどによる表層(深さ数百メ−トルまで)の水温・塩分等の通報
  • TRACKOB(航路海面観測通報式):船舶による海面水温・海流の通報

このページのトップへ