キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

紫外線に関する質問

気象庁の観測データについて

Q1 気象庁の毎時の紫外線観測値は瞬間値ですか?それとも前1時間の平均値ですか?

A1 毎時の紫外線観測値は瞬間値です。観測は波長ごとに行うため、毎正時を中心とした数分間で行われます。これらのデータをもとに毎正時のUVインデックスなどを公開しています。


Q2 気象庁ではUV-A領域の紫外線の観測を行っていますか?

A2 UV-A領域全体は観測していません。 気象庁では、オゾン層と密接な関連があり、生物に有害なUV-B領域の紫外線を観測しています。地表まで到達し、かつオゾン量の変動の影響を受けて大きく変化する範囲を中心とする290~325nmの範囲を0.5nmごとに観測しており、UV-A領域はほんの一部だけが含まれています。


Q3 気象庁ホームページで紫外線観測のデータを閲覧できますか?

A3 国内の観測データは、気象庁ホームページの「紫外線のデータ集」「大気・海洋環境観測年報」で閲覧可能です。また、カナダ気象局にある「世界オゾン・紫外線資料センター(WOUDC)」のホームページでは、国外の観測データが公開されています。 なお、「大気・海洋環境観測年報」では、オゾン層・紫外線の観測データのほか、気象庁が実施した大気及び海洋での温室効果ガスなど環境気象観測のデータも閲覧可能です。

このページのトップへ