キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

紫外線に関する質問

紫外線の季節変化・日変化について

Q1 紫外線量が1年で最も多いのは何月ですか?

A1 その年の天候に大きく影響されますが、一般的に夏に紫外線量が多くなります。国内では、7~8月に紫外線量が年間で最も多くなります。

 【関連ページ】

Q2 紫外線は5月が最も多いと聞いたのですが?

A2 紫外線の季節変化について「紫外線は5月に最も多い」「5月の紫外線は真夏とほぼ同じ」と言われることがありますが、これはオゾン層での吸収がほとんどないUV-A領域の紫外線のことと考えられます(特に6~7月に梅雨時期となる地域に当てはまります)。一方、気象庁で観測しているUV-B領域の紫外線および紅斑紫外線は、そのほとんどがオゾン層で吸収されます。上空のオゾン量は、日本付近では春に多く、夏から秋にかけて少なくなる季節変化をしています(ただし、南西諸島付近では冬季に最も少なくなります)。このオゾン層の季節変化によって、UV-A領域とUV-B領域の紫外線の季節変化は異なっているのです。

 【関連ページ】

Q3 紫外線の季節変化がわかるデータはどこにありますか?

A3 気象庁ホームページ「紫外線のデータ集」にある下記データをご利用ください。


Q4 1日のうちで最も紫外線量が多い時間は何時頃ですか?

A4 晴れていてオゾン量などの条件が同じであれば、太陽高度が最も高くなる正午頃に紫外線量が1日で最も多くなります。

 【関連ページ】

Q5 平均的な紫外線の日変化を示すデータはありますか?

A5 気象庁ホームページ「紫外線のデータ集」にある下記データをご利用ください。



このページのトップへ