キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

黄砂情報の利用の仕方

ここでは、気象庁ホームページの黄砂情報の基本的な利用の仕方について紹介します。


黄砂の実況を確かめる

黄砂観測実況図を見て、その日の図の更新時間までの間に、黄砂の観測を通報した地点や、どの地点で視程が悪くなっていたのかを確かめることができます。過去の実況図と合わせて見れば、黄砂を観測した地点がどのように変化してきたかが分かります。

最新の黄砂情報(実況図)へ

黄砂実況図の例
黄砂観測実況図の例

黄砂が観測されている地点の視程は、2km未満(赤色)、2km以上~5km未満(黄色)、5km以上~10km未満(青色)、10km以上(水色)の4段階で色分けをして、その日に通報された中の最も短い視程に応じた色で表示されます。黄砂が観測されていない地点は、観測なしを表す白丸で表示されます。国内の観測地点にマウスのカーソルを重ねると、観測地点名が表示されます。
なお、黄砂よりも通報が優先される気象現象(雨など)が観測されていた場合には、実況図に黄砂の観測が反映されないことがあります。



黄砂の分布を確かめる

黄砂分布図は、地表付近の黄砂濃度や大気中の黄砂の総量の分布を、黄砂の数値予測モデルで計算したもので、 00、03、06、09、12、15、18、21時の3時間ごとの最新の分布を見ることができます。
黄砂分布図は、黄砂情報(予測図)へアクセスしたときに、最初に表示される図です。地表付近の黄砂の濃度の分布図と大気中の黄砂の総量の分布図の2種類があり、これらはプルダウンメニューで切り替えることができます。

最新の黄砂情報(予測図)へ

地表付近の黄砂の濃さの分布図例 大気中の黄砂の総量の分布図例
黄砂分布図の例
(左が地表付近の黄砂の濃度の分布図、右が大気中の黄砂の総量の分布図)


黄砂分布図は、日本とその周辺(北緯20度~50度、東経110度~150度の範囲) を一辺0.5度(約50km)の格子に分割して、数値予測モデルで計算した、黄砂が分布する領域を表示したものです。黄砂分布図による黄砂分布領域以外の場所でも、ごく薄い黄砂が観測されることがあります。

地表付近の黄砂濃度の分布図は、地表面から高さ約1000mまでの間の黄砂濃度から、黄砂分布領域を、その黄砂濃度に応じて色に濃淡を付けて表示したもので、視程(水平方向の見通し)の悪化や洗濯物や車の汚れなどの黄砂の影響を考える際の情報として利用することができます。

大気中の黄砂総量の分布図は、地表面から高さ約55kmまでの間の1平方メートルあたりに含まれる黄砂総量に応じて色に濃淡を付けて表示したもので、大気中に黄砂が浮遊していることによって感じる空のにごり具合に対応する情報として利用することができます。



黄砂の予測を確かめる

黄砂予測図は、この先の地表付近の黄砂濃度や大気中の黄砂総量の分布を、数値予測モデルで計算したもので、4日分の03、09、15、21時の予測図を見ることができます。
地表付近の黄砂濃度予測図と大気中の黄砂総量予測図を組み合わせて見ることで、上空に黄砂が予測される場所が分かります。

黄砂情報(予測図)へアクセスして、ボタンを操作したり、プルダウンメニューで示される予測時間を選んだりすることで、この先の黄砂の予測図を見ることができます。なお、アクセスした時刻より過去の予測図を見ることはできません。予測図には、地表付近の黄砂の濃度の分布図と大気中の黄砂の総量の分布図の2種類があります。これらはプルダウンメニューで切り替えることができます。

最新の黄砂情報(予測図)へ

地表付近の黄砂の濃さの予測図例 大気中の黄砂の総量の予測図例
黄砂予測図の例
(左が地表付近の黄砂の濃度の予測図、右が大気中の黄砂の総量の予測図)


黄砂予測図は、日本とその周辺(北緯20度~50度,東経110度~150度の範囲) を一辺0.5度(約50km)の格子に分割して、数値予測モデルで1日1回、21時を初期値として計算した、4日(96時間)先まで、6時間毎の黄砂が予測される領域を表示したものです。黄砂予測図による黄砂予測領域以外の場所でも、ごく薄い黄砂が観測されることがあります。黄砂予測図の更新は、1日1回、午前6時頃に行います。

地表付近の黄砂濃度の予測図は、地表面から高さ約1000mまでの間の黄砂濃度から、濃い黄砂が予測された領域を、その黄砂濃度に応じて色に濃淡を付けて表示したもので、視程(水平方向の見通し)の悪化や洗濯物や車の汚れなどの黄砂の影響を考える際の情報として利用することができます。

大気中の黄砂総量の予測図は、地表面から高さ約55kmまでの間の1平方メートルあたりに含まれる黄砂総量に応じて、色に濃淡を付けて表示したもので、大気中に黄砂が浮遊していることによって感じる空のにごり具合に対応する情報として利用することができます。



黄砂に関する気象情報を確かめる

視程の悪化による交通への支障や日常生活に広い範囲で影響を及ぼすような黄砂が観測されたり、数値予測モデルや天気図などから向こう24時間先までに影響を及ぼすような黄砂が予想された場合には、気象庁予報部から発表される「黄砂に関する全般気象情報」や、各地の気象台等から発表される「黄砂に関する気象情報」や「天気概況」で、各地の黄砂の状況やこの先の見通しについて知ることができます。

これらの情報へは、気象庁ホームページの気象情報天気予報からアクセスしてください。



関連情報

このページのトップへ