キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

国際的な監視体制-GAWと気象庁の役割

地球環境問題の深刻さが世界的に認識されるようになり、世界気象機関(WMO)は、1989年に全球大気監視(GAW)計画を開始しました。この計画は、二酸化炭素などの温室効果ガスやオゾン・エーロゾルのように大気中に微量に存在する物質の濃度や、降水中の化学成分などを全世界で高精度に観測し、地球規模の大気環境の実態を把握し変化を早期に検出するとともに、予測情報を様々な利用者に提供することを目的としています。
気象庁は、温室効果ガスやオゾン層・エーロゾルなどの観測をWMOのGAW計画に基づいて実施し、これらの観測データをもとに大気環境の変化を的確に把握するなど、WMOの推進する事業計画の実施に積極的に協力・貢献しています。また、GAW計画の中で国際的なセンター業務を担当しており、観測データの品質を向上させる活動や、世界の温室効果ガス観測データの収集と提供を行っています。

このページのトップへ