キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

黄砂・エーロゾル

エーロゾルについて

エーロゾルは大気中に浮遊する、半径0.001マイクロメートル程度から10マイクロメートル程度の大きさの微粒子のことで、人為起源あるいは自然起源のガスから粒子変換で生成される硫酸(塩)、風による巻き上げで発生する海塩、ダスト(黄砂)、化石燃料やバイオマスの燃焼によるすす(黒色炭素及び有機炭素)などがあります。エーロゾルは日射を散乱したり吸収したり、また雲粒の核となって雲の性質や状態を変えたりします。これらの働きを通して気候へ影響を与えると考えられてます。 (1マイクロメートルは1ミリメートルの千分の1の長さ)

気象庁で行っているエーロゾルの観測について紹介しています。



黄砂について

黄砂現象とは、東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から強風により吹き上げられた多量の砂塵が上空の風に運ばれて、浮遊しつつ降下するために視程が低下する現象です。日本において、黄砂は屋外の洗濯物や車などを汚す場合や、視程を悪化させ交通機関などに影響を与える場合があります。気象庁では、各地の気象台や測候所で、目視で黄砂現象を観測しています。また、数値予測モデルを用いた黄砂の予測を行っています。また、黄砂について解説したものを刊行物などで公表しています。

黄砂に関する簡単な解説や黄砂の観測方法、黄砂の数値予測モデルの概略について紹介しています。

気象台等での目視による黄砂観測の統計を知ることができます。


気象庁ホームページでは、気象台での黄砂の観測や、数値予測モデルに基づく黄砂の予測を、黄砂情報(実況図)黄砂情報(予測図)として毎日公表しています。 日本で広範囲にわたって濃い黄砂を観測した場合、または予測した場合には、黄砂に関する気象情報を発表したり、天気予報に黄砂に関する記述を含めることがあります。

気象台等で行っている目視による黄砂観測にもとづく黄砂の実況を見ることができます。

数値予測モデルにもとづく黄砂の予測を見ることができます。

黄砂情報(実況図)、黄砂情報(予測図)の基本的な利用の仕方について紹介しています。

気象庁が発表している黄砂に関する情報について紹介しています。

地表付近の黄砂の濃度と視程について解説をしています。

このページのトップへ