キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

平成30年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。(気象情報のページに各地方別の情報として掲載しています。地方に含まれる都府県は、地域名を解説するページをご覧ください。)

このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。

後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。(確定値は「昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)」を参照)


  平成30年の梅雨入り                                更新日:平成30年7月14日
地方 平成30年 平年差 昨年差 平年 昨年
沖縄 5月8日ごろ 1日早い 5日早い 5月9日ごろ 5月13日ごろ
奄美 5月7日ごろ 4日早い 6日早い 5月11日ごろ 5月13日ごろ
九州南部 5月26日ごろ 5日早い 11日早い 5月31日ごろ 6月6日ごろ
九州北部 5月28日ごろ 8日早い 23日早い 6月5日ごろ 6月20日ごろ
四国 5月28日ごろ 8日早い 23日早い 6月5日ごろ 6月20日ごろ
中国 6月5日ごろ 2日早い 15日早い 6月7日ごろ 6月20日ごろ
近畿 6月6日ごろ 1日早い 14日早い 6月7日ごろ 6月20日ごろ
東海 6月6日ごろ 2日早い 15日早い 6月8日ごろ 6月21日ごろ
関東甲信 6月6日ごろ 2日早い 1日早い 6月8日ごろ 6月7日ごろ
北陸 6月10日ごろ 2日早い 15日早い 6月12日ごろ 6月25日ごろ
東北南部 6月10日ごろ 2日早い 20日早い 6月12日ごろ 6月30日ごろ
東北北部 6月11日ごろ 3日早い 20日早い 6月14日ごろ 7月1日ごろ

  平成30年の梅雨明け
地方 平成30年 平年差 昨年差 平年 昨年
沖縄 6月23日ごろ 同じ 1日遅い 6月23日ごろ 6月22日ごろ
奄美 6月26日ごろ 3日早い 3日早い 6月29日ごろ 6月29日ごろ
九州南部 7月11日ごろ 3日早い 2日早い 7月14日ごろ 7月13日ごろ
九州北部 7月9日ごろ 10日早い 4日早い 7月19日ごろ 7月13日ごろ
四国 7月10日ごろ 8日早い 3日早い 7月18日ごろ 7月13日ごろ
中国 7月9日ごろ 12日早い 4日早い 7月21日ごろ 7月13日ごろ
近畿 7月9日ごろ 12日早い 4日早い 7月21日ごろ 7月13日ごろ
東海 7月9日ごろ 12日早い 6日早い 7月21日ごろ 7月15日ごろ
関東甲信 6月29日ごろ 22日早い 7日早い 7月21日ごろ 7月6日ごろ
北陸 7月9日ごろ 15日早い 24日早い 7月24日ごろ 8月2日ごろ
東北南部 7月14日ごろ 11日早い 7月25日ごろ 特定しない
東北北部 7月28日ごろ 特定しない

・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。
・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

このページのトップへ