キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ヒートアイランド現象

都市の気温はどのくらい上昇しているのですか?

 表1は、全国の各都市及び都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点 (注1) 平均の都市化率 (注2) と年、季節平均した平均気温、日最高気温、日最低気温の長期変化傾向(詳しくは長期変化傾向(トレンド)の解説へ)を示しています。都市化率が大きい地点ほど気温の上昇率が大きくなるといった傾向がみられます。その他、気温の上昇率は、夏に最小になる都市が多い、日最低気温で特に大きくなる等といった傾向がみられます。

    (注1) 都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点とは、網走、根室、寿都、山形、石巻、伏木、飯田、銚子、境、浜田、彦根、宮崎、多度津、名瀬、石垣島を選択しています。

    (注2) 都市化率とは、ここでは、観測地点を中心とした半径7kmの円内における人工被覆率(平成18年度版国土数値情報土地利用3次メッシュデータ(1kmメッシュデータ)における建物用地、幹線交通用地、その他の用地の占める割合)として定義しています。


      表1 各都市及び都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点平均の都市化率と年、季節平均した平均気温、日最高気温、日最低気温の長期変化傾向
       

    100年あたりの変化率を示す。統計期間は1931年から2015年(冬は1930年12月/1931年2月から2014年12月/2015年2月)。都市ごとに、一年で最も変化傾向の大きい季節の数値は赤字、最も変化傾向の小さい季節の数値は青字で示している。また、斜体字網掛けは信頼度水準90%以上で統計的に有意な変化傾向がないことを意味する。※を付した4地点(東京、広島、大阪、鹿児島)及び都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点中の2地点(飯田、宮崎)は、観測場所の移転に伴い移転前のデータを補正している。

このページのトップへ