キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ヒートアイランド現象

ヒートアイランド現象と地球温暖化は違うのですか?

 人間活動が原因で気温の上昇をもたらすという点では同じですが、その仕組みや現象の規模は全く異なっています。

 ヒートアイランド現象は、人工的な構造物や排熱を要因として気温が上昇するが現象で、その広がりは都市を中心とした限定的なものです。


    図1 ヒートアイランド現象の仕組みの概念図

 一方、地球温暖化は、大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスが増えることを要因として気温が上昇する現象で、その広がりは地球規模です(詳しくは地球温暖化の知識・解説へ)。


    図2 地球温暖化の仕組みの概念図

 気象庁は、全国で約150地点の気象台や測候所、特別地域気象観測所において気温等の気象観測を実施しており、ほとんどの観測所で長期的な気温の上昇が確認されています。この長期的な気温の上昇には地球温暖化が影響していますが、都市では都市化による局地的な気温の上昇が加わっていると考えられます。

 図3は、東京、大阪、名古屋といった大都市と、都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点 (注) 平均の年平均気温及び日本近海で平均した年平均海面水温の長期的な変化を比較したものです。15地点平均の気温の上昇は、日本近海で平均した海面水温の上昇と概ね等しく、地球温暖化による影響を反映しているものと考えられます。しかし、大都市ではそれよりも高い上昇が観測されており、地球温暖化とともに都市化の影響が加わっていると言えます。

    (注) 都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点とは、網走、根室、寿都、山形、石巻、伏木、飯田、銚子、境、浜田、彦根、宮崎、多度津、名瀬、石垣島を選択しています。



    図3 大都市と都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点平均の年平均気温及び日本近海で平均した年平均海面水温の長期的な変化

    東京(赤線)、大阪(青線)、名古屋(緑線)、都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点平均(黒線)の年平均気温の偏差(1901~1930年平均からの差)及び日本近海平均海面水温(水色線)の偏差(1901~1930年平均からの差)の時系列。1901年から2014年まで。東京、大阪、名古屋及び都市化の影響が比較的小さいとみられる15地点中の2地点(飯田、宮崎)は観測所の移転に伴い移転前のデータを補正している。また、日本近海平均海面水温の偏差は、「海面水温の長期変化傾向(全海域)」のデータを用いて作成している。

このページのトップへ