キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

台風の将来予測

 北大西洋では熱帯海域の海水温の上昇にともなって、1970年ごろから強い熱帯低気圧(ハリケーン)の活動が増えています。一方、台風(最大風速が秒速17.2メートル以上の北西太平洋の熱帯低気圧を台風と呼びます)の発生個数、日本への接近数、上陸数には、長期的な増加や減少の傾向は見られません。
 地球温暖化にともなう台風やハリケーンといった熱帯低気圧の活動の予測研究によると、非常に強い熱帯低気圧の数は増えると予測されています。また、熱帯低気圧にともなう雨は強くなる傾向があると予測されています。

気候モデルが予測した将来の台風

気候モデルが予測した将来の台風

約20キロメートルという細かさで気候を再現できる全球大気気候モデルと5キロメートルの細かい領域モデルを組み合わせた研究により、将来の台風の数や強さの予測ができるようになりました。(「21世紀気候変動予測革新プログラム」の一環として気象研究所、海洋研究開発機構などによる研究グループが実施)


このページのトップへ