キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

温室効果ガスの濃度の変化

 二酸化炭素の大気中の濃度は過去数百年にわたって280ppm(※)程度でしたが、18世紀半ばから上昇を始め、特にここ数十年で急激に増加しています。これは、動力などの燃料として石炭や石油が大量に使われるようになったためです。
 二酸化炭素以外の温室効果ガス(メタン、一酸化二窒素など)も、同様に18世紀半ばから急激に増加しています。これは、増加した人口をささえるための農業や畜産業などの活発化にともなう、耕地の拡大、肥料の使用の増加、家畜の増加などによるものと考えられています。

西暦0年から2011年までの主な温室効果ガスの大気中の濃度の変化

西暦0年から2011年までの主な温室効果ガスの大気中の濃度の変化
IPCC第5次評価報告書 より)


ppm、ppb:ある物質の大気中に存在している割合で、ppmは100万分の1、ppbは10億分の1を表す。

リンク

このページのトップへ